竹を使って流しそうめん!

昨年、七夕の笹をお届けした静岡市内の幼稚園で、
今年は7/7に流しそうめんを行いました。

 

まずは、前日準備。
弊社で竹を切ってお届け。
さらにその竹を縦に切り、節の部分や切り口の処理を施しました。

本番の明日は七夕。
さて、晴れるかな?

そして7/7。
残念ながら雨模様だったので、屋根のあるところでの実施となりました。

当日、竹を固定する台も設置し、長い流しそうめんが(?)完成しました。いよいよ本番!

お母さんたちがゆでたそうめんが、子どもたちの目の前をする~っと流れました(^^)
子どもたちはフォークで次々とそうめんをすくって楽しそう。
すくうのに夢中で食べるのを忘れてる子も(笑)

想像以上にたくさんそうめんを食べた後は、お楽しみでゼリーが流れてきたり。
楽しい思い出になったでしょうか?

イベントで丸太切り体験が大盛況!

2018年4月14日、15日は日本平運動公園で開催された静岡市の園芸市に参加しました。
園芸市は園芸関係の業者やグループが集まって、苗木の販売をしたり、ワークショップをしたりといったイベントで、毎年1万人以上の来場者があるそうです。

その中で今回は、若手造園業者が集まって、竹のブランコやジャングルジムを作成。
また庭師さんがそれぞれに工夫を凝らして作ったベンチなども設置され、親子連れやガーデニング好きのお客様がたくさん来場されました。

山内木材産業もワークショップを実施!


ヒノキ・タブ・シイ・マキなどの丸太をのこぎりで切る「きこり体験」
切った木や、木のスプーンなどにイラストや文字を焼き付ける「ウッドバーニング体験」
さらに木の実や小枝をデコレーションするオプションもあり。

初めてのこぎりを手にする子どもたちは、なかなか切れない木に四苦八苦しながらも楽しそうに作業していました。


ウッドバーニングも簡単ではなかったと思いますが、自分なりのこだわりを持って、集中して作業をしていたり、お母さん・お父さんと協力しながら作業をする姿が見られました。
皆さん、オリジナリティーのある素敵な作品が出来上がり、大満足の様子でした♪

途中、雨に降られたり、強風で物が飛んで行ったりと、苦労もありましたが普段の仕事とは違う出会いや喜びを体験することができました。
参加していただいた皆様、ご協力いただいた方々、またイベントの主催者の方々にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

↑当社も竹の切り出し・設置に協力した竹のブランコ。意外と丈夫でしっかりしてます。

↑子どもたちに大人気だった竹のジャングルジム。みんな靴を脱いで裸足で登ってました。

↑林業の会社らしい!?ワイルドなベンチ。欲しいという方、ご連絡ください(笑)

 

 

 

ドローンで山を見てみよう!

最近、ドローンを活用したサービスや取組が話題になっていますが、
林業の世界でもその活用の可能性が広がっています。

当社でも現地調査や測量の際での活用のほか、
森林の管理・架線作業・環境整備など、
様々な場面での活用が考えられることからドローンの導入を決意!
今後、新しい林業サービスを提供していきたいと考えています。

今回は、ドローンのデモ飛行を実施したのでその様子を公開します。

実施した日は快晴で風もほとんどなく、絶好のドローン日和!
ドローンが撮った動画も、ブレがなく、鮮明でとても美しいです。


↑ GPS搭載で高性能なドローンは空中でピタッと静止。

 


↑ こちらはドローンが撮った写真。地上300mくらいです。

鳥は飛んでる時こんな風景を見ているのか。うらやましい!と思ってしまうほど爽快な景色。

今後への期待が大きく膨らむデモ飛行でした。実際の運用が楽しみです!

夏用ユニフォーム

夏用のユニフォームとしてポロシャツと、作業着としてTシャツを作りました。

ポロシャツは落ち着いたネイビーで。
胸にワンポイントで社名とロゴが入っています。
Tシャツは各自が好きな色を選択。青に黄色にピンクに緑にと、色とりどり。
デザインはチェーンソー作業中のスタッフの写真を加工したもの。

「No Forest,No Life!!」

というのは「森がなければ人生じゃない!」転じて「森が人生だ!」くらいの意味でしょうか(^^)

みんなで気持ちを一つにして、暑い夏も頑張っていきます!

七夕用の笹をお届けしました

静岡市内にある幼稚園からのご要望で、
七夕飾りに使う笹を毎年お届けしています。

今年も先日10本ほどの笹をお届けし、
園児が飾りつけをする様子を見学させていただきました(^^)

楽しい七夕になるといいですね♪

 

刈りたて(?)の笹を搬入
高さを調整するとともに、長持ちするように竹に穴をあけて水を入れました。

さあ、みんなで飾りつけ!
かわいい彦星・織姫や、折り紙で作ったスイカを一生懸命飾っていました。

 

上手に飾れました!
みんな楽しそうに飾り付けてくれました。

 

新しい仲間が増えています!

昨年12月から1人、また1人と新しい仲間が増えています!

増え続けています!v(^o^)v

気がつけば社長含めて13名に。

この業界は初めてという未経験者がほとんどで、前職も年齢も様々。

飲食業や販売業、造園業など色々な経験やスキルとやる気を持った人たちが集まって、他に類を見ない個性的な集団となっています。

こうして仲間を増やしていけるのも、今までご支援・ご指導いただいた皆様のおかげと感謝しています。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

動画で紹介!クレーン伐採

丸子稲荷神社での作業風景を動画でご紹介いたします。

こちらは神社から直線で50mほど離れた国道脇から撮影しました。

道路を走る車に対し、
その向こうに見える作業風景がなんだか非現実的。

神社の周りでも、上を見上げて、
作業の様子を見学する人の姿がありました。

丸子稲荷神社境内での伐採作業

静岡市駿河区丸子にある神社での伐採作業です。

境内の樹木数本の枝が、車道上にまで伸びていました。
今回は道路際の3本の伐採、1本については枝の剪定を行いました。
DSC004000001

樹齢100年ほどではないかと思われる立派な楠です。

DSC004010002

上の方の枝から順に伐っていきます。

DSC004050004

伐る枝と位置を決めたら、ベルトで固定。クレーンで吊って落ちないようにします。

DSC004090003

この高さ!地上20mほどでしょうか(@_@;)

あらかた枝を伐ったところで、今度は幹を上から伐っていきます。20170406135634(2)0005

下の方になるほど幹の直径は太くなっていきます。

20170406135634(3)0006

クレーンの操縦者と連携しながら慎重に地上に下ろします。

DSCF55140001

最も根に近い方(上の画像の左側)の幹は5トンもありました!

DSCF55220004
残った根元の太さに注目! 手水場と比べても大きさが分かりますね。

DSCF55180003
地域の人々を長年見守ってきた大楠はさすがの貫録です。