おいしい思い出

今年も静岡市内の幼稚園へ竹をお届けし、流しそうめんを行いました。

竹は縦に半分に割り、節をとったり、子どもたちが手で触ってケガをしないように角を削ります。

これは先生たちと共同作業で。

続いてそうめんを流すために竹をすべり台のように角度をつけてつなげる作業。

ここまで完了したら、あとは本番を待つばかり!

さて、本番は翌日です。

お母さんたちがそうめんをゆでたり、流すお手伝いをしてくれています。

来るよ~来るよ~!

と待ち構える子どもたちのもとへそうめんが。

みんなテンション高く、流れてくるそうめんを上手にすくって、いっぱいほおぼっていました。

「おいしい?」と聞くと、笑顔で「おいしい!」と答えてくれました。

やっぱりみんなで楽しくたべるとおいしいよね!

プチトマトやゼリーも流れてきて、おいしい思い出になったかな?

道具は命!

どんな仕事でも、必要不可欠な道具というのはあると思います。

そんな道具を大切にすることは当然のことですね。

先日、引退を発表したイチロー選手も道具を大切にということを言っていました。

林業でも様々な道具を使いますが、今回はツリーワークを得意とする弊社ではまさに命とも言えるハーネス(安全帯)を紹介します。

こちら。

腰にベルト部分を巻きつけて、太ももの後ろのサポーター部分を履くように装着します。

これに命綱であるロープをつないで樹上作業をするので、本当に命を預ける道具なのです。

今回は長年使ってだいぶくたびれたハーネスをお役御免にして新調しました。

写真は使いやすいようにカスタマイズしているところです。

何もついていない状態でも結構な重さがあるのですが、ここにさらにカラビナがいくつもついて、手のこもぶら下げ、作業時には太いロープも何本も下げ・・・となるので、10キロ以上になることもあるそうです!

重っっ!!

そんなに重い物を腰から下げて、不安定な木の上で作業をすることを想像してみてください。・・・誰でもできることではない、と思います。

さて、下は今まで使っていたハーネス。

確かにくたびれてはいますが、使い込まれたよい味が出ていますね。お疲れ様でした。

大ケヤキの伐倒

静岡市某所にて昨年行った大ケヤキの伐倒風景をご紹介します。

樹高は26~27メートルほどあり、樹齢は推定100年とのこと。

今回の作業では、まず枝を順番に払っていき、幹だけの一本棒の状態にします。

次に、幹の上部にロープを巻いて固定し、チェーンソーで伐ったのちにクレーンで吊りあげて下ろすという作業を何度か繰り返し、高さ10メートルほどにします。

(つみき落としの上から順にロープで吊りあげて下ろしていくイメージ)

そして最後に、いよいよ「伐倒」となるわけです。

ここから先は写真でご紹介します。

こちらが伐倒作業現場です。

写真奥の方向へ倒そうとしています。

この場所では幅3メートルほどしかないその方向へしか倒す選択肢がありません。

では、次の写真から作業段階に沿って説明します。

 

 

まず倒す方向へ「受け口」を作ります。

普段使っている物よりもかなり大きく、重いチェーンソーを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け口完成!

 

 

 

 

 

 

次は「追い口」です。

受け口の反対側を、バランスや高さ・角度を見ながら慎重に伐っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ倒れます。

 

 

 

 

 

 

 

3!!

 

 

 

 

 

2!!

 

 

 

 

 

 

1!!

 

 

 

 

 

 

ドスン!!!

 

 

 

 

狙い通りに倒すことができました。

この時は周りに近所の方などが珍しい作業ということで見に来ていました。

最後の伐倒作業を皆で見守っていたのですが、見事に倒れて拍手が上がりました。

 

 

このように狭い場所や、限られた条件の中でもご要望に沿う仕事をさせていただきます!

さて、今回伐倒した幹の長さは10メートル27センチ、元口(根本で切ったところ)の直径は一番広いところで1メートル25センチでした。

重さはどのくらいあると思いますか?

クレーンでは吊れないほど重かったのですが、推定7トン超とのことです。

この後、どのような形で第二の人生(樹生?)を歩むことになるのでしょうか・・・?いつかどこかで、この木から加工・製造された家具や何かに出会うことになるかもしれません。

新年スタート!

2019年がスタートして早くも3週間たちます。

ありがたいことに山内木材産業はスタートから忙しくさせていただいております。

この2週間あまりで東京に行ったり、井川に行ったり、牧之原に行ったりと、西へ東へ、北へ南へ!

今年もアクティブ&スピーディーにしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

秋の園芸市に参加しました

10/27(土)・28(日)に日本平運動公園で開催された秋の園芸市に参加しました。

27日の午前中は雨交じりで、肌寒かったせいか客足も鈍かったように思いますが、28日は晴天となり、家族連れをはじめ多くのお客様にお越しいただきました。

当社は今回も丸太をのこぎりでカットするきこり体験や、カットした丸太の上に木の実をデコレーションするワークショップなどを行いました。

今回も人気のきこり体験。みんな集中して、一生懸命に木を伐っていました。

今回、注目を集めたのは↓こちらの動物たち!

色々な木を使って、人が乗っても大丈夫な動物の置物を作りました。

キリンに、イノシシに、ダックスフンド。『インスタ映え★』とばかりに、たくさんの親子が写真を撮っていましたよ。

それから今回は、丸太で『トントゥ』づくりもしました。

トントゥとはフィンランドの小人の妖精で、サンタクロースのお手伝いもしているそう。

今回は斜めにカットした丸太の断面に顔を描いたり、デコレーションをしてかわいい小人を作りました。

お庭やお部屋に飾って楽しんでもらえたら嬉しいです。

今回もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

竹を使って流しそうめん!

昨年、七夕の笹をお届けした静岡市内の幼稚園で、
今年は7/7に流しそうめんを行いました。

 

まずは、前日準備。
弊社で竹を切ってお届け。
さらにその竹を縦に切り、節の部分や切り口の処理を施しました。

本番の明日は七夕。
さて、晴れるかな?

そして7/7。
残念ながら雨模様だったので、屋根のあるところでの実施となりました。

当日、竹を固定する台も設置し、長い流しそうめんが(?)完成しました。いよいよ本番!

お母さんたちがゆでたそうめんが、子どもたちの目の前をする~っと流れました(^^)
子どもたちはフォークで次々とそうめんをすくって楽しそう。
すくうのに夢中で食べるのを忘れてる子も(笑)

想像以上にたくさんそうめんを食べた後は、お楽しみでゼリーが流れてきたり。
楽しい思い出になったでしょうか?

イベントで丸太切り体験が大盛況!

2018年4月14日、15日は日本平運動公園で開催された静岡市の園芸市に参加しました。
園芸市は園芸関係の業者やグループが集まって、苗木の販売をしたり、ワークショップをしたりといったイベントで、毎年1万人以上の来場者があるそうです。

その中で今回は、若手造園業者が集まって、竹のブランコやジャングルジムを作成。
また庭師さんがそれぞれに工夫を凝らして作ったベンチなども設置され、親子連れやガーデニング好きのお客様がたくさん来場されました。

山内木材産業もワークショップを実施!


ヒノキ・タブ・シイ・マキなどの丸太をのこぎりで切る「きこり体験」
切った木や、木のスプーンなどにイラストや文字を焼き付ける「ウッドバーニング体験」
さらに木の実や小枝をデコレーションするオプションもあり。

初めてのこぎりを手にする子どもたちは、なかなか切れない木に四苦八苦しながらも楽しそうに作業していました。


ウッドバーニングも簡単ではなかったと思いますが、自分なりのこだわりを持って、集中して作業をしていたり、お母さん・お父さんと協力しながら作業をする姿が見られました。
皆さん、オリジナリティーのある素敵な作品が出来上がり、大満足の様子でした♪

途中、雨に降られたり、強風で物が飛んで行ったりと、苦労もありましたが普段の仕事とは違う出会いや喜びを体験することができました。
参加していただいた皆様、ご協力いただいた方々、またイベントの主催者の方々にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

↑当社も竹の切り出し・設置に協力した竹のブランコ。意外と丈夫でしっかりしてます。

↑子どもたちに大人気だった竹のジャングルジム。みんな靴を脱いで裸足で登ってました。

↑林業の会社らしい!?ワイルドなベンチ。欲しいという方、ご連絡ください(笑)

 

 

 

ドローンで山を見てみよう!

最近、ドローンを活用したサービスや取組が話題になっていますが、
林業の世界でもその活用の可能性が広がっています。

当社でも現地調査や測量の際での活用のほか、
森林の管理・架線作業・環境整備など、
様々な場面での活用が考えられることからドローンの導入を決意!
今後、新しい林業サービスを提供していきたいと考えています。

今回は、ドローンのデモ飛行を実施したのでその様子を公開します。

実施した日は快晴で風もほとんどなく、絶好のドローン日和!
ドローンが撮った動画も、ブレがなく、鮮明でとても美しいです。


↑ GPS搭載で高性能なドローンは空中でピタッと静止。

 


↑ こちらはドローンが撮った写真。地上300mくらいです。

鳥は飛んでる時こんな風景を見ているのか。うらやましい!と思ってしまうほど爽快な景色。

今後への期待が大きく膨らむデモ飛行でした。実際の運用が楽しみです!

夏用ユニフォーム

夏用のユニフォームとしてポロシャツと、作業着としてTシャツを作りました。

ポロシャツは落ち着いたネイビーで。
胸にワンポイントで社名とロゴが入っています。
Tシャツは各自が好きな色を選択。青に黄色にピンクに緑にと、色とりどり。
デザインはチェーンソー作業中のスタッフの写真を加工したもの。

「No Forest,No Life!!」

というのは「森がなければ人生じゃない!」転じて「森が人生だ!」くらいの意味でしょうか(^^)

みんなで気持ちを一つにして、暑い夏も頑張っていきます!

七夕用の笹をお届けしました

静岡市内にある幼稚園からのご要望で、
七夕飾りに使う笹を毎年お届けしています。

今年も先日10本ほどの笹をお届けし、
園児が飾りつけをする様子を見学させていただきました(^^)

楽しい七夕になるといいですね♪

 

刈りたて(?)の笹を搬入
高さを調整するとともに、長持ちするように竹に穴をあけて水を入れました。

さあ、みんなで飾りつけ!
かわいい彦星・織姫や、折り紙で作ったスイカを一生懸命飾っていました。

 

上手に飾れました!
みんな楽しそうに飾り付けてくれました。