おいしい思い出

今年も静岡市内の幼稚園へ竹をお届けし、流しそうめんを行いました。

竹は縦に半分に割り、節をとったり、子どもたちが手で触ってケガをしないように角を削ります。

これは先生たちと共同作業で。

続いてそうめんを流すために竹をすべり台のように角度をつけてつなげる作業。

ここまで完了したら、あとは本番を待つばかり!

さて、本番は翌日です。

お母さんたちがそうめんをゆでたり、流すお手伝いをしてくれています。

来るよ~来るよ~!

と待ち構える子どもたちのもとへそうめんが。

みんなテンション高く、流れてくるそうめんを上手にすくって、いっぱいほおぼっていました。

「おいしい?」と聞くと、笑顔で「おいしい!」と答えてくれました。

やっぱりみんなで楽しくたべるとおいしいよね!

プチトマトやゼリーも流れてきて、おいしい思い出になったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です